ホール業務にやりがいを感じて

7月 2nd, 2015

 ホール業務をしている中で、お客さんとして入店した友人にバッタリ会うケースが多々あると思います。たとえ一瞬でも、友人との出会いが素敵な時間のように感じてくるのです。友人からホール業務を頑張ってねと言われたときに、仕事の士気が高まります。友人の存在を心強く思っているのが手に取るように分かり、こちらの人生を彩ってくれていることを認識しているのです。再び友人が職場を訪ねてくることを心待ちにして、いつものようにホール業務に精を出していきます。
 閉店間際になったときに、今日も充実した一日を過ごせたことを嬉しく感じているホールスタッフが結構居ることでしょう。自分はつくづく価値あるアルバイトをしているのだと感じ入り、このままアルバイトを続けるのも悪くはないと思うようになるのです。アルバイトをしているときの時間が凄く特別なもののように感じて、ホールスタッフとして生きている自分のことを誇らしく思っています。今の仕事に巡り合わせた運命の奇跡に思わず脱帽して、幸せの絶頂に居ることをひしひしと肌身に感じているのです。ホール業務を続けることで、どんな人間に成長するのか楽しみにするようになり、可能性を追求しようとする想いを加速させていきます。まるでホール業務が天からの贈り物だと感じても大げさではなくて、自分を光り輝かせてくれるものだと感嘆するのです。ややもすればその業務が生き甲斐だと感じるようになっても不思議ではありません。

カテゴリー: | タグ: , | コメントはまだありません